災害関連調査情報


災害時における土木計画学研究委員会に関連する調査・対応関係の情報を随時掲載します。

本ページの内容については、bousai@jsce.or.jp にお問い合わせをお願い致します。

災害発生後の調査に関する注意


災害時の情報は以降の災害発生での被害拡大を防止するために重要な資料であることから、災害発生直後に調査へ赴く研究者は多くいらっしゃるかと思います。現地調査では、現地の行政担当者等のカウンターパートへのヒアリングや実地調査で協力をお願いするケースも少なくないかと思います。

しかしながら、多数の研究者が個別に調査のために現地のカウンターパートの貴重な時間を割かせれば、復旧や復興事業の遅れを招きかねません。実際に過去の災害被災地でも研究者に対して不信感を持つ行政担当者も少なくありません。災害時の現地調査等につきましては、現地カウンターパートの負担に十分な配慮をお願いします。

例えば、取得したい情報が時間経過により散逸しにくいものについては、災害後適当な時間が経過してから調査する、自身で取得可能な情報は現地カウンターパートが介入しない方法を検討する、同じカウンターパートへの類似のヒアリング調査等を避けるよう研究者間で調整するなどの方法が考えられます。

災害に係る研究者の品位の維持、なにより被災地の復旧を妨げないために、どうかご協力をお願い致します。

(2023年9月10日掲載)