土木計画学研究委員会の概要


土木計画学研究委員会は土木学会の学術研究グループ(調査研究部門)の一つとして1966年8月に設立されました。

当委員会は、「土木技術者の活動範囲において、土木に関する計画の分野がきわめて重要なる事態に鑑み、土木計画のあるべき姿、その問題点を検討し、あわせて計画に関する調査、研究を行うこと」を目的に、「土木計画基礎理念に関する討論、土木計画理論に関する討論、大学における土木計画教科内容に関する討論を行い、あわせて土木計画の重要性を啓蒙し、シンポジウムなどを開催するほか、研究成果の公表を随時行う」ことを事業内容としています。土木計画学研究委員会は現在、以下のような活動を行っています:

  • 土木計画学研究発表会の開催(担当:学術小委員会)
  • 出版小委員会の活動
  • 公募型研究小委員会の活動
  • ワークショップの活動
  • シンポジウム・ワンディセミナーの開催
  • 研究討論会(全国大会時)の開催
  • ホームページ・メーリングリストの作成・運営
  • 出版(IP選書)の企画
  • 土木計画学研究委員会委員の公募

土木計画学研究委員会の沿革


1966年

土木学会に土木計画学研究委員会が設置

1967年

第1回「土木計画学シンポジウム」(テーマ:「土木計画のあり方と基礎理念」)

1968年

「土木計画学講習会」が開始.

1970年

「土木学会年次学術講演会」の第Ⅳ部門が土木計画学分野として独立(前年まで同じ部門だったコンクリート分野が第Ⅴ部門に移転)

1972年

小委員会が設置開始(①土木計画学シリーズ編集小委員会(1972~83),②用語小委員会(1972~83),③施工情報システム小委員会(1982~85),④土木計画学研究編集小委員会(1982~.2003改編.)など)

1976年

分科会が設置開始

1979年

第1回「土木計画学研究発表会」を大阪大学で開催.以後,年1回の研究発表会を開催(1979~1985年度は1月開催,1987年度以降は10~12月の秋期開催).

1984年

「土木計画学研究・論文集」発刊開始

1985年

「施工情報システム小委員会」が「建設マネジメント委員会」として独立.

1993年

「土木計画学ワンデーセミナー」が開始.

2002年

土木計画学研究発表会の年2回化を開始(「春大会」の第1回が名古屋大学で開催)

2003年

「土木計画学研究編集小委員会」を,本委員会の学術・研究活動全般を総合的に扱う「学術小委員会」に改編.

2006年

土木計画学研究発表会の春大会にて学生グループによる「土木計画学公共政策デザインコンペ」が開催開始