Date

2020年4月1日

Venue

東京理科大学神楽坂キャンパス

ワンデイセミナー100回記念シンポジウム「土木計画学とは何か?~そのアイデンティティと今後の発展を考える~」


土木計画学研究委員会が取り組んできた学問を「土木計画学」と呼称するとした場合、その「土木計画学」の展開・発展を100回のワンデイセミナーを中心に振り返り、それを通して、「土木計画学」とは一体何なのか、すなわち、「土木計画学」と呼ばれるものの輪郭、あるいは「土木計画学」のアイデンティティを探る。これを通して、本研究委員会メンバー各位が従事する「土木計画学研究」が一体何であるのかについての自認・自覚を改めて鮮明化・明確化し、それを通して本委員会活動の活性化、「土木計画学」の学問的発展を企図する。その上で、広く世間一般に自らを名乗り、アイデンティティの伝達を企図する際に、いかなる「フレーム」(枠組み)が効果的であるのかを考え、これを通して本委員会活動のさらなる発展を企図する。

プログラム(予定)

1.基調報告:「土木計画学」の内実と拡がりを振り返る
 本シンポジウムの趣旨(50周年シンポジウムを踏まえて)
ワンデイセミナーの振り返り
「土木計画学の成立と背景」「初期シンポジウム」等の紹介

2.講演:「土木計画学」創立時の議論を振り返る
 高橋裕先生、天野光三先生へのインタビュー動画配信

3.討議「土木計画学のフレーミングを考える」
 藤原委員長、藤井幹事長、小池幹事、佐々木前幹事長(予定)

日程

2020年4月1日(水)18時~21時

会場

東京理科大学神楽坂キャンパス 1号館17階 記念講堂
(飯田橋駅より徒歩5分程度)

参加申込

土木学会ホームページ「本部主催行事の参加申込」にてお申込み下さい。(学会事務局の準備が整い次第、下記のURLに申込欄が設けられます)
土木学会ウェブサイト(http://www.jsce.or.jp/event/active/information.asp)